女子63キロ級・米沢夏帆が優勝 柔道リオ五輪テスト大会

[ 2016年3月10日 08:50 ]

 柔道のリオデジャネイロ五輪テスト大会最終日は9日、リオデジャネイロで男女各1階級が行われ、女子63キロ級で米沢夏帆(龍谷大)が優勝した。男子81キロ級の尾方寿応(東海大)は準優勝。

 大会は本番会場に隣接する体育館で開かれた。米沢は「国際大会の時は畳が滑りやすいことが多いが、ここはそうでなく日本と同じ」と感想を口にした。本番会場も視察した男子の井上康生監督は「さまざまな情報をもらえた。非常に有意義な大会だった」と述べた。

 8日の第1日は男子66キロ級の丸山城志郎(天理大)と女子52キロ級の前田千島(三井住友海上)がともに制した。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2016年3月10日のニュース