ハメット氏が日本代表代行指揮 6月の3試合、五郎丸招集も

[ 2016年3月10日 17:38 ]

 日本ラグビー協会は10日、日本代表が6月にカナダ、スコットランドと対戦する3試合はスーパーラグビー(SR)の日本チーム、サンウルブズのハメット・ヘッドコーチ(HC)が代行して指揮を執ると発表した。次期代表HCに決まっているジョセフ氏はSRのハイランダーズ(ニュージーランド)監督の契約が残り、シーズン終了後まで指揮できないため。

 東京都内で記者会見した男子15人制の薫田強化責任者は「ジョセフ氏と連携しながら昨年のワールドカップ(W杯)代表選手を中心に選考し、SRの海外組も呼びたい」と述べ、レッズ(オーストラリア)のFB五郎丸らを招集したい考えを示した。

 4、5月のアジア選手権は日本代表戦としてキャップ対象試合となるが、20歳以下(U―20)代表のメンバーを含めた若手中心で臨み、U―20の中竹HCが率いる。カナダとは6月11日にバンクーバーで対戦。スコットランド戦は18日が愛知・豊田スタジアム、25日は東京・味の素スタジアムで行われる。

 ▼マーク・ハメット氏の話 日本ラグビーをサポートできることをうれしく思う。負けない戦いをして、ジョセフ氏に良い状態でチームを引き継ぎたい。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2016年3月10日のニュース