高橋・松友組&松尾・内藤組が2回戦へ バド全英オープン

[ 2016年3月10日 00:30 ]

 バドミントンの全英オープンは9日、英国のバーミンガムで各種目の1回戦が行われ、女子ダブルスで高橋礼華、松友美佐紀組(日本ユニシス)は台湾ペアを下し、松尾静香(NTT東日本)内藤真実(ヨネックス)組はイングランドのペアに勝って2回戦に進んだ。

 男子シングルスで予選から勝ち上がった西本拳太(中大)は、世界ランキング1位で第1シードのシン龍(中国)に0―2で敗れた。混合ダブルスでは数野健太、栗原文音組(日本ユニシス)が初戦を突破したが、園田啓悟(トナミ運輸)福万尚子(再春館製薬所)組は敗退した。

 ▼高橋礼華の話 初戦をいい形で勝てた。あまり結果を残せていない大会なので、優勝したい気持ちが強い。

 ▼松友美佐紀の話 初戦はいつも大事だと思っている。昨年は1回戦で負けていたので、勝ててよかった。

 ▼松尾静香の話 相手はフォアが強かったが、コースを狙っていけば崩れると思っていた。我慢しながら打っていけた。

 ▼内藤真実の話 ミスがあってもお互いに修正して、ポイントをおさえることができた。落ち着いてプレーできるようになってきた。(共同)

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2016年3月10日のニュース