遠藤 稽古で手応え上々 15番取って13勝

[ 2016年3月10日 05:30 ]

関取衆と稽古した十両・遠藤

 十両・遠藤が堺市の追手風部屋で出稽古に来た鏡桜や大翔丸らと15番取って13勝2敗だった。

 痛めている右足首や左膝にテーピングはせず、2日連続で関取衆との稽古をこなし「いいと思います」と手応えは上々。師匠の追手風親方(元幕内・大翔山)も「完璧ではないが、順調に回復している」と話した。10日の稽古後に出場可否の最終判断を下す予定だ。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2016年3月10日のニュース