ジョコ 4大大会10度目V!完全“アウェー”もフェデラー撃破

[ 2015年9月15日 05:30 ]

全米オープン男子シングルスで優勝したジョコビッチ(AP)

全米オープン最終日

(9月13日 ニューヨーク ビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンター)
 男子シングルス決勝で第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)が第2シードのロジャー・フェデラー(スイス)を破り、4年ぶり2度目の優勝を果たした。4大大会では史上8人目の通算10勝に到達。

 堅強な守備を誇るジョコビッチが、攻撃に磨きをかけたフェデラーを破った。今季4大大会の全てで決勝に進み、3大会を制した王者は「11年に続く3大会優勝は素晴らしい。4年前より肉体的にも精神的にも強くなった」と胸を張った。観客の大半がフェデラーびいき。ジョコビッチのサーブでは妨げる掛け声が入った。それでも集中力を保って少しずつ流れを引き寄せた。全米を初制覇した11年と比べ「4年前とは違う人間。夫になり、父になり経験を重ねた」と振り返った。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2015年9月15日のニュース