サオリン結婚へ お相手は元バレー選手 すでに同居

[ 2015年9月15日 05:30 ]

結婚することが分かった木村沙織(右)と日高裕次郎氏

 バレーボール女子の日本代表で主将を務める木村沙織(29=東レ)が、元バレー選手の日高裕次郎氏(28)と結婚の準備を進めていることが関係者への取材で分かった。既に同居しており、互いの知人を自宅に招くなどして結婚も近いとみられている。

 東京・下北沢成徳高出身の木村は「サオリン」の愛称で人気を集め、アタッカーとして12年のロンドン五輪では銅メダル獲得に貢献。16年リオデジャネイロ五輪も目指し、来年5月の五輪アジア予選を兼ねた世界最終予選(東京)での活躍が期待されている。

 日高氏は日体大を経て、プレミアリーグ男子のNEC(後に廃部)でプレー。その後はビーチバレーでも活動し、プレミアの強豪パナソニックを今年退団した。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2015年9月15日のニュース