女子は笑顔の帰国 吉田&伊調、五輪4連覇に照準

[ 2015年9月15日 05:30 ]

世界選手権から帰国し、メダルで五輪マークを作る(左上から時計回りに)伊調馨、吉田沙保里、登坂絵莉、土性沙羅、川井梨紗子

 レスリングの世界選手権に出場していた吉田沙保里(32=ALSOK)ら男女のフリースタイル日本代表が成田空港に帰国した。

 世界大会V16を達成した吉田ら女子代表は笑顔の帰国。6階級中5階級で五輪出場枠を獲得し、各選手が五輪代表に内定した。吉田は「決勝だけは思ったようなレスリングができなかった」と話し「リオに向けて鍛え直す」と五輪4連覇に照準。同じく4連覇に挑む伊調も「あしたから練習を頑張る」と語った。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2015年9月15日のニュース