TLサントリー大久保監督退任「責任を取らないといけない」

[ 2015年3月19日 05:30 ]

 ラグビートップリーグのサントリーは18日、大久保直弥監督(39)が今季限りで退任すると発表した。

 エディー・ジョーンズ現日本代表ヘッドコーチの後任として12年シーズンから指揮を執った大久保監督は、同年に無敗でトップリーグと日本選手権の2冠を達成。ただチーム若返りの影響もあり、最近2季は連続で無冠に終わり「勝てなかった時には誰かが責任を取らないといけない」とコメントした。後任候補にはアンディ・フレンド・ヘッドコーチ(45)が挙がっている。

 元日本代表CTB平浩二は引退、同じくニコラス・ライアンは退団し、トップイーストの三菱重工相模原に移籍する。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2015年3月19日のニュース