照ノ富士 2敗目喫し後退 下痢に悩まされ「動いたらヤバイ」

[ 2015年3月19日 05:30 ]

照ノ富士は魁聖(左)に寄り切られる

大相撲春場所11日目

(3月18日 大阪・ボディメーカーコロシアム)
 関脇・照ノ富士は2敗目を喫して、優勝争いから後退した。過去4勝1敗の魁聖に左上手を許し、体を寄せられると力負け。ここまでの快進撃を支えていた土俵際の粘りは見られなかった。

 格下相手に何もできなかったことがよほどショックだったのだろう。5日目から原因不明の嘔吐(おうと)と下痢に悩まされていた男は、支度部屋へ帰ってくると「ただ立っていただけ。力を入れると、出そうだった。動いたらヤバイ。治っているから大丈夫だと思っていた」と脱糞(だっぷん)の危機だったと主張。「勝っても出たらおかしいじゃん。あ~ミスった」と悔しがった。うそか本当かは当人しか分からない。照ノ富士は最後まで品のない言い訳をしながら、結局取組後は一度もトイレに行かず、支度部屋から引き揚げていった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2015年3月19日のニュース