真央 卒業式 女性初の受賞も「今後どうなるか分からない」

[ 2015年3月19日 18:05 ]

浅田真央は卒業証書を手に笑顔
Photo By スポニチ

 バンクーバー冬季五輪、フィギュアスケート女子の銀メダリストで、今季休養している浅田真央(24)が19日、名古屋市内で催された中京大の卒業式にはかま姿で出席し、「新たなスタートを切る」と学生生活に別れを告げた。

 注目の去就については「今後どうなるか分からない」とし、卒業後も同大学のリンクで練習する考えを示した。新たな所属先は未定という。

 浅田は卒業証書を受け取り「理事長特別賞」を女性では初めて受賞。「休養発表後は大学(卒業)を目標に頑張ってきた。すごくほっとしている」と晴れやかな表情を浮かべながら「多くのことを乗り越えてきたことは今後に生きる。大学に通わなければ友だちもできなかった。出会った友だちを大切にしていきたい」と語った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2015年3月19日のニュース