安美錦 休場 右膝前十字じん帯断裂 04年に痛めた古傷…

[ 2015年3月19日 05:30 ]

大相撲春場所11日目

(3月18日 大阪・ボディメーカーコロシアム)
 東前頭6枚目の安美錦が「右膝の前十字じん帯断裂、内側側副じん帯損傷、関節半月板損傷で1カ月の安静加療を要する」との診断書を提出し、休場した。

 10日目の徳勝龍戦で負傷した。師匠の伊勢ケ浜親方(元横綱・旭富士)は「(再出場は)無理でしょう」と語った。右膝は04年名古屋場所で痛めた古傷で、休場は13年秋場所以来6度目。10日目までで8勝2敗で、既に勝ち越しを決めていた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2015年3月19日のニュース