白鵬2差独走!2場所連続13日目Vなら輪島以来42年ぶり

[ 2015年3月19日 05:30 ]

白鵬は上手投げで豪栄道を下し無傷の11連勝を飾る

大相撲春場所11日目

(3月18日 大阪・ボディメーカーコロシアム)
 大相撲春場所11日目が18日に大阪・ボディメーカーコロシアムで行われ、単独1位の記録を更新する34度目の優勝と自身2度目の6連覇を狙う横綱・白鵬は大関・豪栄道を左上手投げで下し、ただ一人11連勝とした。1敗で追っていた新関脇・照ノ富士が魁聖に敗れたため2差がつき、優勝に向けて独走態勢。先場所に続いて2場所連続で13日目に優勝が決まる可能性が大いに出てきた。

 取組前の支度部屋。白鵬は照ノ富士が負けて2敗になった瞬間をテレビ画面でしっかりと見つめ、一切表情を変えないまま花道へと向かった。いざ土俵に上がると満員御礼の館内からは“豪栄道コール”が浴びせられる。大阪出身の大関が無敗の横綱を撃破する波乱を期待するファンの心理は当たり前。完全アウェーの中で淡々と迎えた仕切りでは、これまでとは違う立ち合いを選択した。

 通常であれば左足から鋭く踏み込むが、この日は微妙に右にずれながら両足をほぼ同時に出した。そして両手を相手の顔面に出して当たりを受け止めると、冷静に見ながら突っ張った。体が離れた後、豪栄道が得意の右を差そうと攻め急いだ瞬間、体を開いて左から上手投げ。土俵下で見守った藤島審判長(元大関・武双山)は「中に入れないように相手を見ながら、考えた相撲」と評した。勝ち名乗りを受けて懸賞の束を握ると、それを振り上げて強さを誇示し、支度部屋では相変わらず報道陣に背を向けて無言。今場所初の大関戦で立ち合いのスタイルを変えて11戦無敗としたが、質問を受け付けない姿勢は変わらなかった。

 早くも後続と2差が開き、北の湖理事長(元横綱)は「白鵬の逃げ切り態勢だ。90%流れが行っている。白鵬が3敗は考えられない。誰が土をつけるか、全勝か」と言う。昨年九州場所7日目から続く連勝も昭和以降7位タイの「35」。2敗の照ノ富士との直接対決が予想される13日目で優勝を決める可能性も浮上してきた。先場所に続き2場所連続の“13日目V”となれば、15日制以降では73年秋、九州の輪島以来42年ぶり2度目のこと。焦点はもはや「連勝記録」と「何曜日に優勝するのか」になってしまった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2015年3月19日のニュース