尾道 優勝候補筆頭に前半互角も…4連続トライ奪われ力尽きる

[ 2015年1月6日 05:30 ]

第94回全国高校ラグビー大会第6日 尾道12―40東福岡

(1月5日 花園ラグビー場)
 広島代表の尾道は、優勝候補筆頭の東福岡と途中まで互角に戦ったが、後半17分から4連続トライを奪われ力尽きた。

 梅本監督は「何とか魂がこもってやっていたが…。ちょっとずつほころびが出始めた。そこが地力の差」と悔しがった。3大会連続で東福岡に敗れ、広島勢初の決勝進出はならず。フッカー山川主将は「スタミナと集中力が切れて足が止まってしまった。やり返してくれると、後輩たちに託します」。目に涙が浮かんだが、表情はすっきりとしていた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2015年1月6日のニュース