五輪改革の実行が本格化 バッハIOC会長、意欲示す

[ 2015年1月6日 00:19 ]

 国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長は5日、新年のあいさつとして自ら推進する中長期改革「五輪アジェンダ2020」が承認された2014年を「五輪運動にとって重大な年だった」と振り返り、今後は改革に盛り込んだ40項目を実行に移す意欲を示した。

 24年夏季五輪招致はIOCが五輪開催に関心のある都市と意見交換などを重ねる新たな手続きが今月15日にスタート。今夏に開催都市が決まる22年冬季五輪招致は北京とアルマトイ(カザフスタン)の2都市で争われるが、コスト削減策などでも協力する方針だ。

 開催準備の遅れが懸念される来年のリオデジャネイロ五輪ではテスト大会が本格化する。(共同)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2015年1月6日のニュース