逸ノ城 鶴竜から指名は2番のみ、30分待ちぼうけで「ぼちぼち」

[ 2015年1月6日 05:30 ]

大相撲初場所11日初日 

 逸ノ城は鶴竜に2番しか指名してもらえなかった。調子が上がらなかった横綱が栃煌山との稽古を優先したため、土俵内に入ることができずに約30分も待ちぼうけ。最終的には碧山と19番続けて相撲を取るなど計24番取って8勝16敗に終わり「ぼちぼち」とコメントもさえなかった。

 腰にテーピングを施して稽古に臨んでいたが、それについては「ちょっと痛かった」と説明。6日、7日も時津風部屋に出稽古する予定だ。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2015年1月6日のニュース