錦織「理想のテニスに近づいている 無駄な労力を使うことだけはしたくない」

[ 2015年1月6日 18:07 ]

 錦織は終始穏やかな表情で新シーズンを迎えた心境を語った。

 ―今季初戦のブリスベン国際への意気込みは。

 「この後にはさらに大きな大会(全豪オープン)がある。ここでいい準備ができるようにしたい。さらに自信をつけるためにも世界ランキングを維持するためにも、シーズン序盤の大会が重要になると思う」

 ―オフシーズンに重点的に取り組んだことは。

 「そんなに新しいことはない。理想のテニスに近づいている。細かいショットの調整など、伸びしろがある部分を練習してきた」

 ―世界ランキング5位で新しいシーズンを迎えた。気持ちの変化は。

 「責任感というか、プレッシャーは増えると思うが、コート上以外のことはあまり考えずにやりたい。無駄な労力を使うことだけはしたくない」

 ―痛みのあった手首の状態や体調面は。

 「今のところ痛みはない。しっかり治療もできてトレーニングもできた。今のところは大丈夫」

 ―今季の抱負は。

 「けがをしないようにして同時にいい結果を出せたら、と思う」

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2015年1月6日のニュース