山田 自己ベスト67で優勝 関東高校ゴルフ埼玉大会

[ 2013年6月18日 06:00 ]

関東高校ゴルフ埼玉大会個人の部優勝の山田祥暉

スポニチ主催平成25年度関東高校ゴルフ選手権埼玉大会

(6月17日 埼玉県上尾市 大宮ゴルフコース=6855ヤード、パー72)
 3地区で個人、団体戦が行われ、埼玉は山田祥暉(埼玉栄3年)が67、神奈川は小松拓夢(横浜旭陵3年)が70、関信越は半田匠佳(栃木・佐野日大3年)が67で共に優勝。個人はシード選手を除き埼玉が上位19人、神奈川13人、関信越11人、団体は各地区とも4校が7月の関東高校選手権(栃木・那須野ケ原CC)へ出場できる。

 埼玉大会優勝の山田は「予選通過が目標だったので、まさか優勝なんて…」と喜んだ。2アンダーで迎えた17番で5つ目のバーディーを奪うと、最終18番のパー5では6Iで2オン。2・5メートルのイーグルパットを沈め自己ベストの67に「アプローチに加え、後半はショットもよくなってきました」と満点をつけた。中学は硬式テニス部。高校入学を機に「ゴルフのほうが選手寿命が長い」とゴルフに取り組んだ。昨秋も関東大会に出場したが全国大会は届かず「まだ経験のない全国大会へ」が次の目標だ。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2013年6月18日のニュース