バレー荒木&ラグビー四宮 出会いは2年前の“アスリート会”

[ 2013年6月18日 21:19 ]

結婚を発表した荒木絵里香と四宮洋平

 バレーボール、プレミアリーグ女子の東レは18日、ロンドン五輪銅メダリストの荒木絵里香(28)がラグビー元日本代表の四宮洋平(34)と結婚したと発表した。

 出会いのきっかけは、11年に開催されたアスリートらによる食事会だった。四宮はバレーボール選手の友人が多く、その集まりに荒木も参加した。関東学院大時代に3度大学日本一となり、卒業後は主に南アフリカや欧州など海外のクラブでプレーしている四宮と、日本代表として海外の強豪と戦う荒木。ともに世界に挑戦し続けるアスリート同士で、意気投合した。

 荒木の父・博和さんは早大ラグビー部出身で、もともとラグビーとの縁も深い。その後も四宮が荒木の試合を応援に行くなど交流が続き、次第に恋愛関係に発展した。

 バレー界では竹下佳江(35)が昨年3月にプロ野球・広島の江草仁貴投手(32)と結婚するなど、競技の枠を超えてアスリート同士が私生活でも支え合う例は多い。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2013年6月18日のニュース