松山 世界ランク自己最高の49位、1位はウッズ変わらず

[ 2013年6月18日 06:00 ]

 男子ゴルフの16日付最新世界ランキングが発表され、全米オープン選手権で10位の松山英樹が64位から自己最高の49位に上がった。

 7月22日、29日のいずれかで50位以内をキープしていれば、8月の世界選手権シリーズ、ブリヂストン招待の出場権、また年末に50位以内ならマスターズの出場資格も得る。藤田寛之は72位、谷口徹は124位、石川遼は127位だった。1位のタイガー・ウッズ、2位のロリー・マキロイは変わらず、全米オープン優勝のジャスティン・ローズが5位から3位に浮上した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2013年6月18日のニュース