錦織 世界ランク11位!日本男子最高を更新、目標「あと1」

[ 2013年6月18日 06:00 ]

日本男子最高を更新する世界ランク11位となった錦織圭

 男子テニスの17日付世界ランキングが発表され、錦織圭(23=日清食品)が前回から2つ上がって、自身の日本男子最高を更新する11位となった。今年の目標とするトップ10入りへ「あと1」に迫った。

 全仏オープンの男子シングルスで日本勢75年ぶりの16強入り。前週のゲリー・ウェバー・オープンでは初戦のシングルス2回戦で敗退したが、11位にいたT・ハース(ドイツ)、12位のM・チリッチ(クロアチア)の減算ポイントが大きく、錦織が2つ繰り上がることになった。次戦の26日開幕のウィンブルドンに備え、錦織は既にロンドン入り。ウィンブルドンでトップ10を決めるには、8強以上が目安となりそうだ。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2013年6月18日のニュース