×

【Jトピ~データで読み解く】堅守支える湘南・田中の奪取力 リーグ再開後3戦連続完封に貢献

[ 2022年7月6日 06:05 ]

圧倒的なボール奪取力で相手のチャンスを摘み取る湘南MF田中聡(右)
Photo By スポニチ

 15位の湘南は開幕8戦勝ちなしと序盤苦しんだものの、6月中旬のリーグ戦再開から3試合連続無失点と守備が安定してきた。パリ五輪世代のMF田中聡(19)がアンカーとして、失点のピンチを未然に防いでいる。(記録課)

 湘南の若き背番号7が輝きを放った。2日のホーム名古屋戦でチームは0―0で3連勝こそ逃したものの、3試合連続で先発した田中はタックルを5回試みて、いずれも奪取に成功。第19節のリーグ全選手の最多で、相手のチャンスの芽をことごとく摘んだ。

 この試合で田中の走行距離はチーム最長の10・866キロ。攻守でピッチを駆け回った。後半14分、右ウイング石原の攻撃参加で空いた湘南右サイドを素早くカバー。カウンターを狙った名古屋MF相馬に肩をぶつけ、ボールを確保した。攻撃でもチーム最多のラストパス3本。同アディショナルタイムにはルーズボールを奪い、巧みなターンで相手をかわしFWタリクとワンツーパス。FW瀬川にラストパスを送り勝ち越し機を演出した。

 タックル同様、こぼれ球奪取も得意としている。今季55回はC大阪DF西尾らを抑えパリ五輪世代最多で、1試合10回以上を2度マークしているのは全選手でも田中だけ。19歳の若さで、ボールのこぼれる場所を予測する能力を備えている。

 下部組織出身で、20年は2種登録で17試合に出場。トップ昇格した昨季は3バック左やボランチとして36試合と出番を増やした。年代別日本代表でも常に主力。リーグ戦で脳振とうの疑いで交代した影響もあり6月のU―23アジア杯メンバーからは外れたものの、24年パリ五輪代表の有力候補に違いはない。

 6日のホームG大阪戦も無失点なら4試合連続となり、15年のチームJ1記録に並ぶ。田中を中心に堅守を確立できれば、今季こそ残留争いからの脱却も見えてくる。(データ提供・データスタジアム)

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「イビチャ・オシム」特集記事

2022年7月6日のニュース