×

浦和「声出し応援」罰金最大2000万円も 今後再発で無観客、勝ち点剥奪検討

[ 2022年7月6日 04:30 ]

Jリーグの野々村チェアマン(左)
Photo By スポニチ

 Jリーグの野々村芳和チェアマンは5日、臨時実行委員会後のオンライン会見で、サポーターが新型コロナ感染防止対策ガイドラインに違反する行為を行った浦和に、上限2000万円の罰金を科す方向で裁定委員会に諮問すると明言した。

 5月21日の浦和―鹿島戦、今月2日のG大阪―浦和戦で浦和サポーターが声出し応援を行ったことが確認されている。いずれも声出し応援の運営検証の対象外。野々村チェアマンは「この先、同じようなことが起きたら無観客試合、勝ち点剥奪も含め、裁定委員会諮問した上でペナルティーを科すと(浦和に)伝えた」と話した。

 浦和は5日に公式サイトで声明を発表。声出し応援があったことを認め「全ての皆さまの努力と気持ちを裏切る行為」などと謝罪。ガイドラインの周知徹底などの再発防止策を掲げ、厳しい姿勢で臨む方針を示した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「イビチャ・オシム」特集記事

2022年7月6日のニュース