×

神戸・イニエスタ 震災犠牲者悼み黙とう「特別な日にスタートできることはとても重要」

[ 2022年1月18日 05:30 ]

黙祷を捧げる神戸MFイニエスタ(C)VISSEL KOBE
Photo By 提供写真

 神戸は17日、神戸市内の練習場で始動した。95年のこの日に発生した阪神・淡路大震災の犠牲者を悼み、練習前には選手らが黙とう。主将の元スペイン代表MFイニエスタは「今日という神戸の皆さまにとって特別な日にシーズンをスタートできることは、神戸に住む選手一人一人にとっても、とても重要なこと」と被災者へ思いをはせた。岩手県釜石市出身のDF菊池も「東日本大震災を経験した身としてサッカーで皆さんを勇気づけたり、元気づけたりできるように、より一層頑張っていきたい」と誓いを新たにした。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「イビチャ・オシム」特集記事

2022年1月18日のニュース