×

広島 大学生2人が23年シーズンから加入内定 順大DF山崎大地は出身クラブに凱旋

[ 2022年1月18日 20:30 ]

2023年のJ1広島加入が内定した順大DF山崎大地
Photo By スポニチ

 J1広島は18日、順大のDF山崎大地(21=3年)と桐蔭横浜大のDF中野就斗(21=3年)が、23年シーズンから加入することが内定したと発表した。

 広島県廿日市市出身の山崎は1メートル84、77キロで、守備能力に優れた世代屈指のセンターバック。広島ジュニアユースとユースでプレーし、順大を経て故郷のクラブに凱旋を果たした。ユース時代の17年にはU―17W杯インド大会に出場するなど、年代別日本代表の経験を豊富に持つ。

 東京都青梅市出身の中野は、桐生第一高から桐蔭横浜大に進学した。1メートル82、76キロでセンターバックを中心に、サイドやボランチなど複数のポジションをこなす。

 2人はクラブを通じて、コメントを発表。山崎は「幼い頃からの夢であったプロサッカー選手を、中学・高校とご指導いただいたサンフレッチェ広島でスタートできることを大変うれしく思います」と喜びを表現した。

 中野は「今まで支えてくださった方々への感謝の気持ちを忘れず、サンフレッチェ広島の勝利のために、走り、闘い、全力でプレーします」と意気込んだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「イビチャ・オシム」特集記事

2022年1月18日のニュース