川崎F・鬼木監督「3連覇に挑めるのは自分たちだけ」 悲願のACL含む全4タイトル制覇を宣言

[ 2022年1月15日 17:17 ]

川崎Fの鬼木達監督
Photo By スポニチ

 昨季リーグ連覇を果たした王者・川崎Fが15日、川崎市内で22年シーズンの新体制発表を行い、今季の目標に07~09年の鹿島以来、史上2クラブ目のリーグ3連覇、悲願のACL初制覇を含む全4タイトル獲得を掲げた。

 就任6年目で前人未踏の6年連続タイトル獲得に挑む鬼木達監督(47)は、17、18年に連覇を達成しながら、19年に3連覇を逃したとあって「まずはJリーグ3連覇。17、18年連覇したあと、3連覇に届きませんでした。やっとスタートラインに立ったという思い。3連覇に挑めるのは自分たちだけ。全力を注ぎたい」と強調。さらに「リーグ3連覇を目指しながら、悲願であるACL制覇を軸に戦う。ルヴァン杯、天皇杯では、昨年悔しい思いをした。結局、全てのタイトル、全てに全力を注ぎ、タイトルにこだわっていく。タイトルにこだわってきたからこそ、今のフロンターレがある」と力強く宣言し「川崎から日本のサッカーを盛り上げていけるように頑張っていきましょう」と呼びかけた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2022年1月15日のニュース