アフリカ選手権 ガーナ選手が試合後の暴力行為で退場

[ 2022年1月15日 17:08 ]

試合後、もみ合いになるガーナとガボンの選手たち(AP)
Photo By AP

 アフリカ選手権は14日にカメルーンのヤウンデなどで1次リーグ4試合が行われ、C組のガーナは1―1でガボンと引き分け、FWテッテーが試合後の暴力行為で退場処分を受けた。優勝4回のガーナは後半43分の失点で勝ち点3を逃し、2試合を終えて勝ち点1の3位と敗退危機。試合後は両チームの選手やスタッフがもみ合いになり、テッテーは相手選手にパンチを見舞った。同組のモロッコはコモロを2―0で下し、2連勝で16強による決勝トーナメント進出を決めた。

 アフリカ選手権では12日にマリがチュニジアを1―0で下した一戦で、規定の後半45分を前に終了の笛が誤って2度も吹かれ、再開が決まった約40分後にはチュニジア側がプレーを拒否して敗れる騒動があった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2022年1月15日のニュース