J新助っ人 2.18開幕暗雲…入国制限2月末まで延長

[ 2022年1月11日 05:30 ]

 Jリーグの新外国人監督および選手が昨年に続き、2月18日の開幕に間に合わない可能性が出てきた。

 政府が新型コロナウイルス「オミクロン株」対策として外国人の新規入国を原則禁止している水際対策を2月末まで継続する方向で調整に入ったため。新規入国となる鹿島のヴァイラー、広島のスキッベ両新監督や、助っ人勢では浦和のMFモーベルグ、G大阪のMFダーワンらの入国に影響が及びそうだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2022年1月11日のニュース