×

“J1に上げろ”アカデミー出身の京都MF川崎は使命果たした パリ五輪も視野「意識せざるを得ない」

[ 2021年11月28日 19:46 ]

明治安田生命J2第41節   京都0-0千葉 ( 2021年11月28日    フクアリ )

<J2 千葉・京都>J1昇格を喜ぶ京都イレブン(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 J2京都が28日、10年シーズン以来12年ぶりのJ1昇格を果たした。同日の千葉戦が引き分けとなり、勝ち点1を獲得。2位争いを演じていた甲府の結果を待たずして、昇格を決めた。チョウ貴裁監督からも才能を評価されるMF川崎颯太(20)も、万感の思いを語った。

 「自然とプロに入って、オレが上げるんだと思った。チョウさんが何回も話してくれた。強化部の加藤さんも期待してくれた。寮で一回話してくれたが“アカデミーは宝だ。京都のサッカーをもっと盛り上げて欲しい”と言われた。実際にプレーして、この1年通じて戦えたのは良かった」

 下部組織のアカデミー出身。高校から入ったという川崎だが、スタッフからも期待を持たれ、「お前らがトップに上がって変えろ」「J1に上げろ」とプロ前から言われた。クラブは11年間もJ2暮らし。だからこそ、使命感に似たような責任を感じていた。

 指揮官を2回胴上げしたイレブンだが、重みで崩れ「僕は外から見ていたけど、ちょっとキツそうだな、と。これを機にちょっと痩せてもらえればいいですね」と笑った川崎だったが、パリ五輪の話題になると表情も一変。「アジア1次予選とか追加招集で呼ばれて、日本代表で戦うことを経験させてくれた。パリも意識せざるを得ない。J2でできても日本で一番レベル高いJ1で力を示すことが代表や海外、W杯につながる。もっともっと高みを目指していく。J1はやっと立てたという気持ち」。進むべき道の先には、J1とともにパリもある。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「イビチャ・オシム」特集記事

2021年11月28日のニュース