パリSG・メッシ 指揮官との握手拒否、ホーム初出場も途中交代に不満げ…

[ 2021年9月21日 05:30 ]

フランス1部   パリSG2ー1リヨン ( 2021年9月19日 )

<パリSG・リヨン>不発に終わったメッシ。後半に途中交代した(AP)
Photo By AP

 ホーム初出場を果たしたパリSG新加入のFWメッシが1―1の後半31分に交代を告げられ、不満げにピッチを去った。退場時にポチェッティーノ監督が差し出した右手に触れることなく、握手を拒否したとも報じられた。

 メッシは公式戦出場3戦目で枠を叩くFKを放つなど好機を築いた一方で、加入後初得点からは見放され、後半に入って存在感が低下。指揮官は交代に関し「35人のメンバーには偉大な選手がいるけど、11人しか使えない。最高のチームのために選択が必要になる。うまくいくことがあれば、そうでもないこともある」と語った。結果的に後半37分から出場したFWイカルディが終了間際に決勝点。チームが開幕6連勝とした中で、メッシと指揮官の今後に注目が集まる。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2021年9月21日のニュース