柏 ペドロ・ハウルがメキシコ1部へ期限付き移籍「チームの健闘をずっと祈っています」

[ 2021年9月21日 17:22 ]

 J1柏は21日、FWペドロ・ハウル(24)がフアレス(メキシコ1部)へ期限付き移籍すると発表した。

 今季の新戦力としてブラジル1部ボタフォゴから完全移籍で加入。1メートル92の大型FWはコロナ下でチーム合流こそ遅れたが、4月24日の徳島戦でJ1デビューを果たすと、ここまでリーグ戦で8試合3得点の活躍。一方、8月21日の鳥栖戦以来、4戦連続でベンチからも外れていた。

 柏は今夏に江坂(浦和)、呉屋(大分)らが退団し、これで攻撃陣の移籍は今季だけで3人目。チームは13位と順位を上げつつあるが、降格圏内の17位まで勝ち点10差と油断できない状況。今季も残り9試合。主力級の大型FWの抜けた穴をどう埋めるかが、残留に向けた一つの鍵となりそうだ。

 ペドロ・ハウルはクラブ公式サイトを通じて「私がレイソルに来た初日から、柏サポーターの皆様から常に応援をしてもらったことを心から感謝しています。来日してから、いろいろな困難がある中、私はいつもこのユニホームを着る際にチームやサポーターのために全力で闘いました。レイソル関係者の全ての人々のことを一生忘れません。遠くからチームの健闘をずっと祈っています」とコメントした。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2021年9月21日のニュース