PAOK香川が構想外 ギリシャ地元紙報道「チームの重荷となっている」

[ 2021年9月21日 05:30 ]

香川真司
Photo By スポニチ

 ギリシャ1部PAOKの元日本代表MF香川真司(32)が構想外になったと19日、地元紙「スポルタイム」が報じた。

 直近の公式戦2試合でベンチ外。同紙は「香川は終わった。今はチームの重荷となっている」と分析。ルチェスク監督からも「退団のメッセージが伝えられた」とし、すでに構想外であることを告げられていると報じた。同紙によると、今後は来年1月の移籍市場で新天地を探すことになるという。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2021年9月21日のニュース