×

U24・久保「守備陣に迷惑かけた」と反省も…準決勝へ「120%、150%でチームを勝たせたい」

[ 2021年7月31日 21:01 ]

東京五輪第9日 サッカー男子準々決勝   日本0―0(PK4―2)ニュージーランド ( 2021年7月31日    カシマ )

<日本・ニュージーランド>PK戦を制して4強に進出し、殊勲のGK谷(右)に抱きつく久保ら(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 東京五輪男子サッカーは31日、決勝トーナメント準々決勝が行われ、U―24日本代表はU―24ニュージーランド代表と対戦し、0―0からのPK戦を4―2で制して12年ロンドン大会以来となる2大会ぶりの4強入り。68年メキシコ大会(銅メダル)以来、53年ぶり2度目のメダル獲得へ王手をかけた。

 フル出場で奮闘したMF久保健英(Rマドリード)は試合後、「すごくうれしい。谷選手がチームを救ってれて、チーム一丸となってPK戦で勝つことできてうれしいです」と興奮気味にコメント。攻撃陣は0点に終わり、久保も五輪4試合連続ゴールはならなかったことについては「今日は攻撃陣がチームの助けにならなくて守備陣に迷惑をかけてしまった。でもチーム一丸となってPKで勝てたので最大限の結果かなと思います」と振り返った。

 8月3日の準決勝(埼玉)では優勝候補のU-24スペイン代表と対戦する。「グループリーグ始まるときから準決勝は普通にいけばスペインだなと思っていて、自分の中でひとつひとつという話はしてましたけど、ここに自分の100%の力でいこうと思っていますし、120%、150%で、チームを勝たせたいと思います」ときっぱり。そして「どうせ2試合やるなら最後、最終日、しっかり決勝まで戦いたいですし、そのためにしっかりリラックスして次の試合も全力でぶつかりたいと思います」と力強く語った。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「イビチャ・オシム」特集記事

2021年7月31日のニュース