【女子サッカー】日本人の“強み”継続強化されないもどかしさ―佐々木則夫の目

[ 2021年7月31日 05:30 ]

東京五輪第8日 女子サッカー準々決勝   日本1―3スウェーデン ( 2021年7月30日    埼玉 )

スウェーデンに敗れ、涙を流す岩渕(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 敗れはしたが、日本は今大会4試合の中では一番いい内容だった。1次リーグ3試合の反省を生かし、2トップと中盤の4人が攻守の切り替えの早さを意識していた。球際の強さや深さが出ていた部分もあったし、相手DFを左右に動かしてリズムもつくっていた。

 長谷川のいいクロスから田中がゴールも決めた。後半8分の失点はミスというより体格差から。相手のパワーが勝って止められずにパスを通された。ただ、GKはもう少しニアを警戒してもよかった。

 これまで日本は、体格差がある欧米の国に対して、日本人の特性の俊敏性や運動量、判断の早さなどを生かして対抗しようと考えた。どう進化させていくかだが、積み上げたものがなかなか継続されないもどかしさも感じた。この試合でも相手を囲い込みながらボールが奪い切れないなど足りない部分もあった。それでも全体的には技術のある若手も増えている。女子サッカー関係者みんなが課題を見据えて、女子の強化につなげることが必要だ。 (元なでしこジャパン監督)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2021年7月31日のニュース