シュツットガルト・遠藤航“日本代表対決”制す ブレーメン・大迫は途中出場も不発

[ 2021年4月6日 05:30 ]

ドイツ1部   シュツットガルト1ー0ブレーメン ( 2021年4月4日 )

<シュツットガルト・ブレーメン>競り合うシュツットガルトの遠藤(右、AP)
Photo By AP

 フル出場したシュツットガルトMF遠藤航が“日本代表対決”でチームの無失点勝利に貢献した。

 代表合宿の際に「デュエル勝利数(リーグ)1位とか、個を磨くことにトライしていることは世界と戦う上で間違っていない」と話していた通り、この日も体を張ったプレーで相手の攻撃を阻止。一方、ブレーメンのFW大迫は後半28分から出場し、終了間際にフリーで放ったシュートは枠外で結果を残せなかった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2021年4月6日のニュース