C大阪 5連勝中の“お得意様”横浜に10年ぶり敗戦 前節から大幅メンバー変更で今季6戦ぶり黒星

[ 2021年4月6日 21:15 ]

明治安田生命J1第8節第1日   C大阪0ー1横浜 ( 2021年4月6日    日産ス )

<横浜・C大阪>敗れたC大阪の選手たち(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 前節から大幅にメンバーが変わったC大阪が、アウェーに乗り込んだ横浜戦で0―1と敗戦を喫した。これが6試合ぶりの黒星となった。

 これまで開幕から全試合に先発出場していたDF瀬古歩夢(20)、丸橋祐介(30)、元日本代表FW大久保嘉人(38)がメンバー外。全試合でベンチ入りしていたGK松井謙弥(35)も外れた。

 一方でDF進藤亮佑(24)、新井直人(24)、FW松田力(29)が今季初スタメン。松田力は、双子の兄である陸とプロ入り初の同時先発となった。また、ベンチにはC大阪U―18所属で2種登録されているGK春名竜聖(16)が入った。

 相手に主導権を握られながらも持ちこたえていたが、後半42分にCKからのこぼれ球を横浜FWオナイウに押し込まれ、決勝点を献上。4試合ぶりの失点を喫し、0―1で敗れた。C大阪にとって最近5試合で5連勝中だった横浜に敗れるのは11年8月24日以来、実に10年ぶり。“お得意さま”だった相手に15試合ぶりに敗れた。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「欧州スーパーリーグ」特集記事

2021年4月6日のニュース