横浜・前田 スプリント62回!自身の最多記録更新、歴代4位まで独占

[ 2021年4月6日 23:21 ]

明治安田生命J1第8節   横浜1―0C大阪 ( 2021年4月6日    日産ス )

<横浜・C大阪>前半、西尾(右)と競り合う前田(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 J1横浜の快足FW前田大然(23)が6日C大阪戦(日産スタジアム)で、異次元の数値をたたき出した。Jリーグが2015年から公表している選手個人のトラッキングデータ項目の一つ、時速24キロ以上で1秒以上走った回数を示す「スプリント回数」で、自身が松本時代の19年にマークした最多記録の53回を上回る62回をマークした。

 東京五輪代表入りを目指す前田は、今季6得点で得点ランキング1位タイにつけている。フル出場したこの日はゴールこそなかったものの、相手守備をほんろうするダッシュで何度もチャンスを演出した。今季の1試合ごとのスプリント回数ランキングでも、1~4位を前田が独占している。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2021年4月6日のニュース