C大阪と福岡で選手ら陽性判定 浦和に続きコロナ報告

[ 2021年4月6日 05:30 ]

 浦和に続いてJ1で新型コロナ陽性報告が相次いだ。C大阪は5日、トップチーム選手1人と関係者1人が陽性判定を受けたと発表。当該選手は4日朝、38度の熱が出ており、頭痛、倦怠(けんたい)感の症状がある。

 福岡はトップチームの選手2人が陽性診断を受けたと発表。ともに無症状という。また4日までにトップチームの選手1人に陽性判定が出た浦和は、選手と関係者を対象に再度PCR検査を実施し、全員が陰性判定だったと発表。6日から全体練習を再開する。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2021年4月6日のニュース