法大と東海大で23日決勝 大学サッカー全国大会「#atarimaeni CUP」

[ 2021年1月22日 05:30 ]

大学サッカーの全国大会「#atarimaeni CUP」準決勝早大戦で、全2得点を挙げた法大主将のDF関口正大(左)
Photo By スポニチ

 大学サッカーの全国大会「#atarimaeni CUP」は21日、東京・味の素フィールド西が丘で準決勝2試合が無観客で行われ、法大(関東第7)と東海大(関東第9)が23日の決勝に進出した。

 法大は早大(関東第3)を終始圧倒し、2―0で快勝。J1札幌内定のGK中野小次郎(4年)らJリーグ内定者8人を擁し、ここまで4試合でわずか1失点と鉄壁の守備で、4年連続の全国大会決勝進出となった。

 昨秋には新型コロナウイルス陽性者が多数確認され、一時活動休止を乗り越えての快進撃。右サイドバックながら、左右両足の強烈なシュートで全2得点を挙げた主将のDF関口正大(4年=J2甲府内定)は「サッカーができているだけで奇跡。優勝という以上に、後輩に何かを残すためにプレーしたい」。感謝を胸に、決勝に臨む。

 東海大は順大(関東第6)を1―0で破り、関東2部の下位にあたる県リーグ(神奈川)所属校としては初めて全国決勝に駒を進めた。2回戦ではJ内定者12人を擁する明大(関東第2)を撃破しており、今大会の台風の目となっている。主将のDF米沢哲哉(4年)は「J内定選手や、U―19代表選手のいるジャイアントを抑えるのが楽しくてしょうがない」と充実感を口にした。

 同大会は、今年度中止となった夏の総理大臣杯、冬の全日本選手権の代替大会として、大学日本一を決める。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2021年1月22日のニュース