鳥栖が必勝祈願 金監督「順位上げる」、豊田はJ1通算100得点に意欲

[ 2021年1月22日 05:30 ]

必勝祈願を行った鳥栖の金監督(右)、豊田
Photo By スポニチ

 鳥栖の金明輝監督(39)、FW豊田陽平(35)が21日、佐賀市の佐嘉神社で必勝祈願を行った。例年は選手、スタッフら関係者全員で行う恒例行事も、今年はコロナ禍を考慮し2人だけで参拝。金監督は、4チームが降格する厳しいシーズンを前に「落ちることは考えていない。充実した戦力がそろっている。去年より全てにおいて順位を上げる」と自信を口にした。

 鳥栖で12年目を迎える豊田は選手を代表して参加。「気が引き締まる思い。昇格してから降格してない数少ないクラブの一つ。J1に居続けることが何より大事」と力を込めた。チームの勝利を最優先とした上で「去年無得点だったので得点を意識してプレーしたい」と個人的な抱負も述べ、あと「2」に迫ったJ1通算100得点の達成へ意欲をみせた。

 鳥栖はイスラエルのマッカビ・テルアビブFCからFWのチコ・オフォエドゥ(28)が完全移籍で加入することも発表した。 

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2021年1月22日のニュース