ナポリ、アルゼンチンユニホームで悼む クラブ公式サイト「街全体のアイドルがいなくなった」

[ 2020年12月1日 05:30 ]

セリエA   ナポリ4―0ローマ ( 2020年11月29日 )

ゴール後にマラドーナ氏のユニホームを持つナポリのインシニェ(AP)
Photo By AP

 ナポリは84~91年にプレーし、2度のセリエA制覇に貢献したマラドーナ氏を特別ユニホームで追悼した。アルゼンチン代表をモチーフにした水色と白の縦じまシャツ、黒いパンツでプレー。故人の背番号にちなんで、前半10分にはプレーを止めて全員で拍手した。

 主将のFWインシニェは直接FKで先制点を決めると、マラドーナ氏の名前入りユニホームをテレビカメラに向けて広げてみせた。試合を4―0で制し、クラブ公式サイトに「街全体のアイドルがいなくなった。彼への思いが力になったのは間違いない。この勝利をささげたい」と追悼コメントを寄せた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2020年12月1日のニュース