大分 5連敗でストップ、7戦ぶり勝ち点3 田中達が決勝弾「勝ててほっとしている」

[ 2020年8月15日 22:15 ]

明治生命J1第10節   大分1―0横浜 ( 2020年8月15日    昭和電工ド )

<大分・横浜>後半、先制ゴールを決める大分・田中達
Photo By 共同

 大分がホームで連敗を5で止め、7月8日の広島戦以来7試合ぶりの勝ち点3をつかんだ。

 前半を0―0で折り返すと、後半23分にFW高沢優也(23)が左サイドからペナルティーエリアまで駆け上がり、MF田中達也(28)にパス。これを右足で冷静に決めると、7試合連続失点と不安定だった守備陣も、粘り強く守って完封した。

 殊勲の田中達は「勝ててほっとしている」と話した。片野坂知宏監督(49)は「何としても勝ちたいという気持ちをピッチで表現してくれた」と評価しつつ、「前半、後半の決定機を決めないといけない」と反省も忘れなかった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2020年8月15日のニュース