北九州 ホームでクラブ新記録の6連勝 次戦は敵地大宮戦 町野「僕らがチャレンジャー」

[ 2020年8月15日 23:49 ]

明治安田生命J2第12節   北九州2―1町田 ( 2020年8月15日 )

 北九州がホームでクラブ新記録となる6連勝を飾った。

 
 連勝街道を突き進むチームの勢いは止まらない。試合を決めたのは勢いに乗るツートップだった。

 まずは前半28分、FW町野修斗(20)が自身今季3点目となる先制ゴールをペナルティエリア中央から豪快にたたき込んだ。「決められてよかったが、まだまだチームのためにできることはたくさんある。得点、アシストじゃないところも大事にしていきたい」。勝利に貢献したゴールを喜びながらも気を引き締めていた。

 そして終了直前の同48分、今度はFWディサロ燦シルヴァーノ(24)が追加点となる技ありループシュートを沈めた。出場試合5戦連発となる今季6点目。絶好調のエースは決勝点となったゴールに「GKに触られないことを意識して蹴った」と笑顔をみせ、好調の要因については「平常心でいること」と話した。 

 後半は町田の猛攻にあい苦しい時間帯が続いたが反撃を1点でしのぎ、暫定ながら順位もJ1昇格圏の2位に浮上。次戦は19日に敵地で大宮との上位対決に挑む。町野は「大宮は相当強いチーム。6連勝中だが僕らがチャレンジャー。たくさんチャレンジして自分たちから仕掛けて7連勝したい」、ディサロは「上位のチームに勝たないと上にはいけない。自分たちのサッカーが通用するのか楽しみ」と意気込んだ。

 ノリノリの強力ツートップが、次戦もアベック弾でチームを勝利に導く。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2020年8月15日のニュース