名古屋、主力負傷でも狙うは首位!フィッカデンティ監督「何よりもケガ人を出さないことだ」

[ 2020年7月25日 05:30 ]

 26日に敵地で広島と対戦する名古屋のフィッカデンティ監督が超過密日程に嘆き節だ。24日、オンラインで取材対応。前節・大分戦はMF阿部が右膝強打で、MF稲垣とMF米本も負傷交代。主力3選手に関して「直前まで私も気にしているところだ」とギリギリまで回復を待つ意向を示しながらも、「この日程だと負傷のリスクはある」と話した。

 ただリーグ再開後3勝1分けと負けなし。指揮官が「チームのベースがあって、選手が対応できている」と話したように、大分戦でも阿部の交代後に3得点を挙げて快勝した。広島戦は昨年3月以来となる首位浮上の可能性がある一戦。今後も良いチーム状態のキープするために「何よりもケガ人を出さないことだ」と引き締めた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2020年7月25日のニュース