ボローニャ・冨安、右大腿二頭筋の軽度肉離れ 全治約2週間

[ 2020年7月25日 05:30 ]

セリエA・ボローニャの冨安健洋
Photo By スポニチ

 21日のアタランタ戦で負傷したボローニャの日本代表DF冨安が、右大腿二頭筋の軽度の肉離れで、全治約2週間と診断された。23日にクラブが公式サイトで発表した。

 この負傷により冨安は今季残り3試合を全て欠場する可能性が高まった。ベルギーのシントトロイデンから加入して1年目。右サイドバックを主戦場にリーグ戦29試合に出場し、チームにとって不可欠な存在に成長していた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2020年7月25日のニュース