横浜 再開初戦へ最終調整、FW仲川「待ちきれない」MF扇原「みんな感謝している」

[ 2020年7月3日 19:02 ]

<横浜練習>ダッシュする仲川(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 J1横浜は3日、J1再開初戦となる敵地の浦和戦(4日)に向け、一般非公開の最終調整を行った。主力組とサブ組にビブス分けされた陣容で、攻撃を組み立てシュートまで持ち込む形などを確認した。

 練習前には青空の下で長めの円陣が組まれた。「明日から再開するのでみんなでしっかり高めていこう」と号令をかけたポステコグルー監督は「浦和の攻撃陣は強く、タフな試合になると思うが、どのチームも状況は始まってみないと分からない」と見据えた。

 選手も待ちわびた約4カ月ぶりのリーグ再開。FW仲川輝人が「待ちきれない気持ちでいっぱい」と言えば、キャプテンの一人、MF扇原貴宏は「中断が長かったので、サッカーができることにみんな感謝している。感謝の気持ちを持って明日の試合を楽しみたい」と力を込めた。

 それぞれにはクラブだけでなく、リーグを代表する思いもある。昨季MVPで得点王の仲川は「軽いプレーをしてはいけない。気持ちのこもったプレーを見せたい」とキッパリ。扇原は「“サッカーって必要だな”といろんな人に思ってもらえるプレーを見せていけたら」と責任感をにじませた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年7月3日のニュース