サンプドリア・麻也、好守連発でリーグ再開後初勝利に貢献

[ 2020年7月3日 05:30 ]

セリエA   サンプドリア2―1レッチェ ( 2020年7月1日 )

レッチェ戦の後半、クロスに飛び込みゴールを狙うサンプドリアの吉田(共同)
Photo By 共同

 サンプドリアの日本代表DF吉田麻也が、リーグ再開4試合目で初勝利に貢献した。残留を争う18位レッチェとの一戦で、2試合ぶりに右センターバックでフル出場。

 前半43分にはエリア内に入ってきたラストパスを倒れ込みながらクリアするなど、再三の好守で2―1の勝利に貢献した。ラニエリ監督は公式サイトで「これで少し息がつけるが、まだ終わりではない」と気を引き締めた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2020年7月3日のニュース