鹿島、キーマンは新人トリオ!ザーゴ監督「彼らの力が必要な状況が出てくる」

[ 2020年7月3日 05:30 ]

鹿島・ザーゴ監督(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 明治安田生命J1リーグは4日、約4カ月ぶりに再開する。鹿島のザーゴ監督(51)は高卒新人トリオをキーマンに掲げた。

 ザーゴ監督は再開後の過密日程を消化していく上で、ルーキーの奮起が必要不可欠とした。2日にオンライン取材に応じた指揮官は「非常に優秀な若手がいる。彼らを成長させることが重要で、それがチームにとってプラスとなる。彼らの力が必要な状況が出てくる」と説明した。

 今季の新卒加入はFW染野、MF荒木、MF松村、GK山田の4人。リーグ再開後は交代枠が5に拡大されるため、攻撃的ポジションを担うフィールドプレーヤー3人の若き才能の出場機会が増える可能性は高い。

 荒木と松村は既に公式戦出場を果たしており、染野も練習試合で得点するなど、存在感を発揮している。指揮官は「先発の11人だけでなくチーム全員で戦っていく。連戦になるので入れ替えもある」とターンオーバーも示唆。フレッシュな若手の躍動が、公式戦3連敗中の王者の巻き返しの鍵となりそうだ。。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年7月3日のニュース