神戸、本拠地の芝「ベストな状態」 イニエスタの美技見られるぞ!

[ 2020年7月3日 05:30 ]

寄付金目録贈呈式に参加したケンミン食品の高村社長(左端)や神戸の森井副社長(右から2人目)                         
Photo By スポニチ

 「最高」のピッチでイニエスタの美技が見られる。神戸はケンミン食品と共同で「こうべ医療者応援ファンド」を通じて神戸市の医療従事者へ133万6000円を寄付。ノエスタで2日、目録贈呈式に臨んだ森井誠之副社長は4日の広島戦が行われるピッチを眺めながら「メンテナンスしかしていなかったので、芝生はベストな状態。コンディションは最高」とうなずいた。

 過去、夏場に激しく悪化していたノエスタの天然芝。18年からハイブリッド芝へと切り替わり、プレー環境は改善されていた。約4カ月もの中断期間は使用されておらず、現状で荒れているところは一切なし。そのピッチでイニエスタが躍動すれば、森井副社長が掲げる「優勝、タイトル」という目標へ近づくことになる。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2020年7月3日のニュース