セレス・ネグロス 日本勢が闘志!小田原「大きな道が開かれる期待」

[ 2020年1月28日 05:30 ]

ACLプレーオフ   FC東京ーセレス・ネグロス ( 2020年1月28日    味スタ )

会見に応じるセレスFC・小田原(左)とヴィダコヴィッチ監督 (撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 セレス・ネグロスは、アタッカーの嶺岸は仙台大出身で、母がフィリピン人。一時はプロを諦めて日本で求職活動をしたが、海を渡ってフィリピン代表にも選出された。「Jリーグはアジアで一番のリーグだが、やってみないと分からない」と意気込んだ。

 守備的な選手の小田原は東農大出身。元々熱心なファンだったというFC東京との一戦に向け「この試合に勝つことで、個人としても大きな道が開かれる期待がある」と野心を見せた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年1月28日のニュース