C大阪・豊川、FW専念で勝負「ゴールだけに集中するプレーヤーになった」

[ 2020年1月28日 05:30 ]

8対8のメニューでボールを呼び込む豊川
Photo By スポニチ

 C大阪のFW豊川が「ストライカー」として勝負する。宮崎合宿中のチームは27日、戦術練習などを消化。ベルギー1部オイペンから加入した背番号32は精力的に汗を流した。過去にはサイドMFなども務めたものの、欧州では1トップに入ることが多く「ゴールだけに集中するプレーヤーになった」という。

 現在、FWブルーノ・メンデスがふくらはぎの打撲で離脱中で、長期離脱明けとなるFW都倉の対外試合解禁はキャンプ後になる見通し。定位置奪取を目指す中、28日のJ2徳島との練習試合を前に「ゴールは凄い大事だし、そのチャンスを増やすことを今は意識したい」と抱負を語った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年1月28日のニュース